頬を触る人

敏感肌でも利用できる化粧品|丁寧なスキンケアをしよう

肌荒れしない強い肌へ

ボトル

肌が乾燥しやすく刺激に弱い敏感肌は、バリア機能が弱くなっています。このバリア機能を回復させるのが一番の改善法ですから、セラミド入り化粧品などを使って保湿しましょう。また、ターンオーバーの乱れも影響していますから、刺激を与えないスキンケアを心がけましょう。

詳しく見る

肌を刺激せず綺麗に

保湿ケア

肌に無理なくスキンケア

刺激が少なく、潤いを与える敏感肌化粧品を活用すると、肌に無理なくスキンケアできるので、人気が高まっています。肌が乾燥するなどトラブルを抱えている方の場合、多かれ少なかれ肌のバリア機能が傷付いています。うっかり日焼けしてしまったときや花粉症などのアレルギー症状が出ているときなどには肌のバリア機能が低下しているため、普段使っている化粧品が肌に合わなくなることもあります。そんなときに便利なのが敏感肌用の化粧品です。肌にとって負担となるものを極力抑え、保湿することができるように作られているためバリア機能が低下している肌にも無理なく使うことができます。肌を刺激するとそれだけバリア機能の回復が遅くなります。低刺激の敏感肌化粧品は、トラブルを起こした肌にも優しいため安心して使える化粧品として人気が高いです。

バリア機能低下を招く原因

スキンケアを行なうのであれば、肌のバリア機能低下を招く原因を知っておくとよいです。それらを避けることで敏感肌になるのを防いだり、軽減したりすることができるからです。敏感肌は乾燥肌の延長上にあります。そのため、乾燥を防いで保湿することが敏感肌を遠ざけるのに有効です。保湿をするといっても化粧水を与えれば潤うというわけではありません。肌のバリア機能が低下して乾くので、バリア機能の回復も必要です。角質層のセラミドが低下すると保水力が低下し、バリア機能も低下します。また、紫外線やエアコンによる乾燥なども敏感肌を招く原因になります。バリア機能を回復させるためにセラミドを補ったり、紫外線対策をしっかりしたり、エアコンによる乾燥から肌を守ることが大切です。

肌トラブルを防ぐ化粧品

肌ケア

敏感肌で悩んでいる人は、セラミドなど高保湿成分が豊富に含まれ、刺激が少なくなるよう工夫されている化粧品を選ぶと安心です。洗顔で摩擦を避ける、紫外線の対策をしっかりとるなど、肌を守るケアを日常生活の中で行っていくことも大切になります。

詳しく見る

肌が弱い人が選ぶ化粧品は

肌ケア商品

メイクを楽しみながら敏感肌の改善を考える場合、主に乾燥肌への対策が施された化粧品の利用が必要となります。紫外線カットや、保湿効果のある化粧品を利用すると良いでしょう。そして、自分に合った化粧品を探すことで、敏感肌の改善を期待する事が出来ます。

詳しく見る